BROMPTON ヘッドパーツ交換

いい加減にしろ!というお声が聞こえてきそうですが
また自転車ネタです
スミマセン ご興味ない方は飛ばしてくださいm(__)m

ヘッドパーツの交換方法を詳しく掲載しました

放置したままだったBROMPTONのヘッドパーツを交換しました
以前ノーマルのM3Lに乗っていた時から感じていたのですが
小径+ブロ独特のヘッドチューブにキャリアベースを付ける構造から
どうもヘッドパーツが緩みやすいような気がします
それだけヘッドパーツ自体にも負担がかかってるとも思いますので
ある程度のモノに変えておきたかったのと…

ノーマルのブロ純正ヘッドパーツはスチール製でワンの形状も
いわゆるママチャリと同じで見てると少し悲しい気持ちになってしまい
変えたかったんですw(チタンモデルは純正OPのアルミ製ヘッドパーツが標準装備です)

いまどきスレッドコラムのブロンプトンですので選択肢があまりなく
定番は純正OPかクリスキングにされる方が多いようです
クリスキング良いのは判ってるんですが高いですよね
てな訳で貧乏人の味方『タンゲ』の出番です
タンゲ FL270Cというヘッドパーツを購入しました
(DHやってた時もクリスキングは買えなくて、タンゲのテクノグライド一択でしたw)
アルミ製ワンにシールドベアリング
重量は標準よりも50g以上軽いです お値段も4千円とお手頃

早速、交換作業開始です

ノーマル(スレッド)ステムですのでまずはステム引き上げボルトを緩め…
完全には抜かずにボルトをプラハンマで叩き、ステムを固定している臼をフリーにしますが…
ブロンプトン ステム ボルト

あの~…めっちゃ固いです
プラハンで何回叩いてもビクともしません(+_+)

brompton ステム ボルト
ボルトにちょうど合うサイズの鉄棒を噛ませ、プラハンではなく金槌でドつくと
ようやく臼が落ちました

brompton ステム 臼
斜臼じゃなくて円錐状の臼のタイプなのね
ステムの溝に合うように臼にポッチがありますので組み付ける時は注意しましょう

その後は順調… フォークにハンドルキャッチや色々付いてるので
リテーナーの脱着がちと面倒です

brompton ヘッドパーツ 圧入
圧入工具でワンをしっかり圧入

brompton ヘッドパーツ 交換
玉押し調整をして完成
ブラックカラーで締って見えるのと形状も少しスタイリッシュで
純正の安っぽさが無くなりました
耐久性も純正と比べてかなりアップする筈です

が…画像でお判りの方も多いはず
上の画像、おかしなとこがります

折り畳もうとするとワイヤーが突っ張りました
そうですワイヤーの取り回し間違ってます
画像ではワイヤー類がステムの右を通ってますが、左を通るのが正解
完成したと喜んでましたがステムを抜いてやり直しです

外装10速カプレオbrompton
てな訳で無事に完成
これで一通り気になる部分のカスタマイズは済みました
外装化してから半年近くになりますが今のところ
まだチェーン外れはゼロです 現在のところ外装化したことによるデメリットは感じておりません

※ヘッドやBBの交換etc 自分でやってみたい方
工具使って頂いて結構ですよ~ ブロのパンク修理(リアホイール脱着)も随時実戦可能です
(ホイール組だけはセンスないので全くレクチャーできませんw)

これのどこが猫カフェの記事なんだという突っ込みもお待ちしておりますw

ブロ アビ ミッコ

アビ、ミッコ「気持ちよう寝とったのに、トンカントンカン煩いなぁ~」

ごめんなさい今度からミッコさんが寝てる時はやめるね

アビ「ワシは?」

知りません
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

maguro

Author:maguro
ひょんなことから
猫あそのアビ、しもく、飼い猫メイ、ミッコ、預かり猫ティモ、ヤルモ、
ロール、べる太の8匹と
猫カフェのようなことを趣味でってます
場所は猫とあそぼと同じ東成区です

猫とあそぼには愛猫メイとミッコと
通っていました

mail

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2 Blog Ranking