BD-1とブロンプトン

またまた自転車ネタです<(_ _)><(_ _)><(_ _)>
写真大量です ご興味ない方は飛ばしてください スミマセン

BD-1,BROMPTONミーティングの告知させて頂いたので
ついでに管理人の愛車も紹介させて頂きますBROMPTONはこちら

おそらく03~04年モデルのBD-1カプレオがベースです


鮪 BD-1
定番の20インチ、ドロップハンドル、フロントWといった変更をしております


お気に入りのポイントはステムに取り付けたリクセンアダプタで
色々なバッグ類が取り付けられるところ
BD-1 籠
ロングライドはオルトリーブのアルティメイト
ちょいポタは革製ミニトランク
お買い物は籐風のバスケットといった使い分けができます
シートピラーにもリクセンアダプタを付けてます
(一応全てのパターンでSTIの操作は出来ます…制限はありますが…)


フロント廻りは
BD-1 フロント廻り
加茂屋のスーパーバーディーサス
かなりおススメです
ハードタイプですが、体重約60km・貧脚の僕では
殆どストロークしないレベルの硬さですが、路面からの衝撃を適度に吸収してくれます
(ロードのカーボンフォークレベルの振動吸収性です)
また、ご覧の通り加茂屋のバーディーサスの良いところが“もどり”側にも
エラストマーがあるので何か大きい入力があってサスが大きく沈みこんでも
戻る時もガツンとは戻りません
他社さんの所謂、レートの高いスプリングなだけの強化サスキット?は
横剛性は弱いママですし、大きく沈み込むと
なんのダンパー機構もありませんのでガツンと戻り
ロングライドでは手首が痺れてきますが
バーディーサスにはそれはありません


ブレーキ本体は20インチ化に伴い
ヤフオクで出品されているインチアップ対応Vブレーキにカプレオの船にデュラのシューの組合せです
通常、VブレーキとSTIではレバー比(力率)が違い
トラベルエージェント等を組合せなければいけませんが
20インチにする場合、シューの位置が当然通常より1インチ上方に上がるので
レバー比が通常のVとは変わります
その結果 レバー比がカンチとVの中間…よりちょいとカンチより?になりますので
トラベルエージェントは使わずにSTIの直引きで十分な制動力になっています

個人的には20インチ+STIでトラベルエージェントを使用すると
レバー比が強くなり過ぎるのと構造上、タッチがふにゃっとするので
トラベルエージェントは使わない方がいい気がします

ライトはブルべ出場を目指しDOSUNのA2
見た目は野暮ったいですが完全なる暗闇でも20km以下なら走れる明るさがあります

駆動系は
BD-1 リア廻り
6500係アルテグラ52×39T 165mm
BBはトリプル用118mmに右側に2mmのスペーサーを入れてます
Fディレイラー台座はPDC製です

BD-1 SAINT シャドー
Rディレイラーは折畳の干渉を考えてシャドータイプにしたい…
でもロードのスプロケを使いたかったので
シマノの動作保障外ですがダウンヒル用コンポSAINTのシャドーを入れました
105の10s STIレバー 11-25T10Sスプロケとの組み合わせで
充分実用可能な動作をしてくれています

シャドーディレイラーは出っ張りが少ないので折畳時のサイズも
3cm程小さくなりました

フロントWにすると標準のチェーンテンショナーは角度の問題で使えません
旧加茂屋方式で折畳時にはチェーンをディレイラーに取り付けた小物に引っ掛けてテンションを保ちます
(ホームセンターで売ってる只のL字金具ですw)

ビンディングペダルを使いたいけど折畳性能は維持したいのでMKSのEZYペダルを付けました
MKS SPDアダプタ
ただ…ご存知の通りSPD互換ではありませんのでクリートはMKSのオリジナルになります
シマノのSPDペダルに比べて
なんだか「もっちゃり」とした感触… ステップイン、ステップアウト共になんだか
はっきりしない感があります
(ウェルゴのSPDも試しましたがQファクターが異常に長くなるので気持ち悪くて直ぐ外しました)

シマノのSPDペダル用のリフレクタ付アダプタを付けてますが
アダプタを削り込まないと装着できませんでした

で、BD-1とブロンプトンを比べてですが
あくまで個人的な感想です

まず走行感は
ブロM3Lの内装3速は個人的に
どうも全体的にハイレオシオ過ぎな設定で乗りにくく
Fチェーンリングを44Tに変えると街乗りにはいい感じになりましたが
それでもローが足りないし、Fハブも加えて回転抵抗が大きく
当たり前ですがBD-1の方が外装変速なのでダイレクト感もあり
ギアの選択肢も多く全体的に走行感が軽く楽に走れます
(ブロも外装変速化し凄くシャッキリ走るようになりまた)
ブロはそこそこ走れる人なら内装モデルより2速やシングルの方が
楽しく乗れるんじゃないかと思います

よく言われるハンドリングですが
直進安定性はブロンプトンの方が良いですが
体格的な問題でMハンドルだとサドルよりハンドルの方がかなり高く
元々のセッティング的にも思いっきりリア荷重になってしまい
フロントタイヤの操舵感が全く無く不安を感じました(路面が荒れていてもハンドルに
その事が伝わってこないといった感じです)
加茂屋のバーディーサスに変えたBD-1の方が安心して乗れます
BD-1は登りでダンシング出来ないなんて?な意見を聞くことありますが
ブロのがダンシングすると不安定です
(ブロもハンドルバーをMTBのストレートハンドルに変えて大分よくなりました)
ただ、ドノーマルのBD-1だと個人的には
スプリングだけのFサスがガチャガチャと動いてぺダリングロスになるし
個人的にはノーマルではBD-1もイマイチ

トータルで考えて
20インチにしてるのとドロップハンドル、そしてステムがアジャスタブルなので
ある程度、ちゃんとしたポジションがとれるのと
抵抗の多い内装3速と比べて外装変速のダイレクトさ抵抗の少なさとで
BD-1の方が長距離は楽に走れます
管理人の貧脚でもBD-1なら170㎞までは走れました ムリすれば200もなんとか走れると思います
100㎞以上の距離ならBD-1を選びたいです
(正直、外装化する前のブロでは50㎞以上走りたいとは思いませんでした)

ガッツリ走るとなると同じミニベロでもタイレルやternなどいいミニベロが沢山ありますが
腰と肩に持病抱える管理人にはBD-1のサスが有難いんです


だけど…
BD-1 BROMPTON
並べてみればわかる折畳時のサイズの違い
実測で縦10㎝・横15㎝・厚み4㎝ほどブロンプトンのが小さいです
輪行時にこのサイズの違いがかなり出てくるんですよねぇ
ブロンプトンは中型コインロッカーにも入っちゃうんで輪行ポタリングや旅のお供にピッタリです
管理人も最近は全然長距離走ってないので
外装ブロンプトンばかり乗ってます
(くどいですがノーマルのM3Lの時はBD-1メインでした)

BROMPTON ノーマル
あっそうそう
ブロンプトン外装化に伴いノーマルのリアセクションが丸ごと残ってます
ブロのパンク修理(リアホイール取り外し)実践してみたい方
こいつでやってみてくださいね

BROMPTON ティモ
ティモ『カツオくれたら僕が手取り足取り教えたるで!!』
だそうです

BD-1,BROMPTON弄りが大好きな管理人がやってます
猫カフェ?鮪
よろしくお願いします
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

ん?ヘッド変えてるw

ミーティングは微妙な所です。顔出しだけでもできればいいのですが…

Re: No title

白吉さんコメントありがとうございます
ヘッドパーツはだいぶ前にMORTOPに変えましたよ
ん…変えてからBD-1ではポタリングに参加してないかもw

日曜日予定ありなんですね残念です
少しでもお会いできるの楽しみにしてます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

T様はじめまして
お問合せありがとございます

お問合せのノーマルリア一式ですが
仕様予定がございまして
申し訳ございませんがお譲りすることが出来ません

申し訳ございません
よろしくお願いします
プロフィール

maguro

Author:maguro
ひょんなことから
猫あそのアビ、しもく、飼い猫メイ、ミッコ、預かり猫ティモ、ヤルモ、
ロール、べる太の8匹と
猫カフェのようなことを趣味でってます
場所は猫とあそぼと同じ東成区です

猫とあそぼには愛猫メイとミッコと
通っていました

mail

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2 Blog Ranking